田端文士村記念館 田端で活躍した文士や芸術家の功績を次代に継承し紹介することを目的に設立された記念館です。
お知らせ

企画展のお知らせ
 田端文士村記念館開館25周年記念展 第2弾

企画展「田端に集まる理由(ワケ)がある ~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」
期間:平成30年5月15日(火)~平成30年9月23日(日) 入場無料
芥川龍之介、室生犀星などの文士たちが暮らした大正期の田端。犀星が「田端は賑やかな詩のみやこ」で「王樣は芥川龍之介であつた」と評した田端文士村の最盛期である大正時代に焦点をあてた記念展第2弾!
チラシはこちら

田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様と称された大正期の文士村
 芥川龍之介、室生犀星、萩原朔太郎、堀辰雄ほか (6月ひととき散歩)

日時:6/17(日)13:00開演 (12:30開場)
申込:往復はがきで5月28日(月)必着。定員80名(応募多数の場合は抽選)。全席自由。
芥川龍之介、室生犀星などが暮らした大正期の田端は、文士村黄金時代。芥川が王様と称された理由(ワケ)などを解説し、ゆかりの場所をご案内します。
チラシはこちら

河童忌特別企画
  劇団文化座 朗読劇「杜子春」ほか

芥川龍之介の作品「杜子春」を、劇団文化座の若手の精鋭たちが田端文士村記念館で初公演!
日時:7月24日(火)午前の部11:00開演、午後の部15:00開演 参加無料
出演:劇団文化座
ゲスト:芥川耿子氏(龍之介・令孫)、佐々木愛氏(劇団文化座・代表)
申込:往復はがきで7月2日(月)必着。定員100名(応募多数の場合は抽選)。

チラシはこちら

「ココミテシート」第1弾(春号)発行

旧古河庭園(北区西ヶ原)竣工100年を迎えることを契機に、同庭園、鈴木信太郎記念館、渋沢史料館、自由学園明日館との近隣5施設で、見どころを紹介する「ココミテシート」を発行しました。
当館の春号では芥川龍之介の書斎をテーマに紹介。無料配布していますので、是非お手に取ってお楽しみ下さい。
第2弾(夏号)、第3弾(秋号)も発行予定です。

往復ハガキの記入例はこちら

 

その他

  • 毎日新聞(平成30年3月25日朝刊 都内版)にて展覧会が紹介されました。
  • 毎日新聞デジタル経済プレミア(平成29年12月4日)にて紹介されました。 内容は こちら
  • TOKYO MX(平成29年10月13日)放送のNEWSにて紹介されました。  内容はこちら
  • 朝日新聞(平成29年10月3日朝刊)「天声人語」にて紹介されました。
  • NHK Eテレ(平成29年5月9日)放送の高校講座ベーシック国語「文学史~芥川龍之介~」の回にて当館が紹介されました。  内容は こちら
  • 芥川龍之介 田端の家復元模型制作を記念したポストカードを記念館受付にて販売中です。

カレンダー

カレンダーには各月の文士芸術家の生まれた日を明記しております。 詳細についてはこちらをご覧ください。

カレンダー 翌月のカレンダー▶▶